読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記みたい

20分間でどんなものが書けるか、ブログにあっぷしなくてもとりあえずやってみようということでちょっと書き始めてみた。
だいたいいつもというか、ここいくつかの文章は結構長めの文章で、細かいところをうんうん唸りながら書いていたけれど、構成とかそういった部分はほとんど考えないで気の向くままに書いていたので、こういうのは苦手ではない、と自分では思っているのだけれど、どんなものなんだろうか。


さてさて、書きたいことがあって書き始めているわけではないので、ネタがあるわけではないのですが、今こうやって文章を打っているノートパソコン、大学に入ったときに父親の会社で注文してもらったhpのノートパソコンなんですが、マザーボードだかの初期不良で、購入して1年経たずしてディスプレイが映らなくなってしまい、絶望の淵に。
幸い保証期間内だったのでサポセンに電話して1週間程度で直って、HDDの中身も無事に戻ってきたんですが、そのだいたい1年後に、今度は無線LANが効かなくなってしまい、いろいろ調べていたらこの機種はそういう不具合が出るようで、まぁ安いパソコンだし仕方ないよねなんて思いながら、購入2年以内だったら保証が切れていても無料で修理してくれるとのことだったので、早速修理に出して直してもらいました。


で、パソコンなんだけど、今度はバックライト関係の不具合で、画面の左半分が暗くなりました。メーカーのホームページでいろいろ調べてみたところ、バックライト周りの修理をメーカーに頼むと5万円くらいかかるそうで……。ごまんえん!ごまんえんはさすがに高すぎですよ奥さん。
メーカーじゃないところに修理頼めば、1万くらいで済むみたいなんで、なんだこれhpの野郎、パソコン自体の値段は安い割に修理で金取りすぎだろ、とひとしきり怒り散らした後、どうせだったら新しいパソコン買おうかなと思って、富士通とかNECとか有名なメーカーさんのホームページを眺めていたら、富士通の再装整備品で、5万ちょいくらいのノートパソコンを発見。
5万円といえば学生には高い買い物なんで、10分くらい悩んで、親にいくらくらいまでなら援助してくれるか相談したりもして、よし買おう!買ってやるぜ!と意気込んで、商品をカートに入れて、住所入力して、さぁ次はお支払い方法の選択だ、ってところまで来てポップアップ。

「ご注文中に商品は完売いたしました」

……。悩んでなければきっと画面の向こうのどこかにいる敵よりも先んじて買えたのに。他のはだいたい7万くらいで、この7万の機種を買ったら、2万の差額がきっといつまでも僕を苛み続けるんだろうなぁと思ってしまい、結局今のディスプレイの半分が暗いままのパソコンとしばらくは仲良くしないといけないみたいです。

修理を出すにしても、今の自分が1週間程度パソコンのない生活に耐えられるかというとかなり厳しそう。パソコンのないというか、ネットのない生活。7年くらいネットのある生活を続けてきて、暇つぶしやら情報集めやら、ほぼ依存しきっちゃってるからなぁ。「書を捨てよ、街へ出よう」の精神は、パソコンがなければ僕の中にやってくるだろうか。


結論。欲しいと思ったら悩まず動け。悩んでいる間にも、周りのヤツラはどんどんと力をつけてしまっているぞ。


とまぁこんな感じに、昨日あったヤマなしオチなしの出来事を単なる日記みたいに書いてここまで19分。自分の思ったことを書いたりだとか、表現に凝ったりする時間がないとこんなもんですよ。

今現在の自分の筆力(っつーかネタ力?)を確認できたということで、ここはひとつ。ちゃんちゃん。


※追記
なんだかんだであっぷだけはしてみる。あっぷするだけ。最近何も書いてなかったしネ。

※さらに追記
雑記的な何かじゃなくて、なんかもっとブンガク的な何かにしてみた方がかっこよかったかもしれない。