読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンシャイン牧場始めました

mixiアプリサンシャイン牧場でナスが収穫できるようになるまでだいたい20分くらいの時間があるので、その時間を利用してちょこっと物書き。ナス収穫したら寝るよ!


今更ながら、サンシャイン牧場を始めまして、始めたばかりのこの時期は物珍しさも手伝って、かなりの時間張り付きながら種を植えて、水を撒いて、害虫を駆除して、肥料を撒いて、収穫して、を繰り返し繰り返しやって、なんとかレベル3まで上がりました。
これやってて思い出すのは「牧場物語」ってゲームなんですけど、あれのGBA版だったかなやったことあるのは。あれ、延々と毎日畑に水を撒いて、草むしりして、蜂蜜や鶏の卵を収穫して、洞窟に入って金銀を掘って、の繰り返しばかりで、すぐに飽きちゃったんですよね……。ああいう日常を繰り返すみたいなゲームはどうも苦手。DSのどうぶつの森も、買ったのは一昨年の夏休みだったかな、夏休みまるまる実家に帰っていて、実家じゃパソコンでごにょごにょ活動できないもんだから、暇で暇で仕方なくて。そんな中で兄と弟がどうぶつの森やってて、面白いって言うもんだから即買いに行きましたよ。
兄も弟も牧場物語みたいなゲーム僕と違って苦手じゃないようで、結婚までしてましたよ。ゲームの中で。……ゲームの中ですら彼女作れませんでしたがね僕は。
で、どうぶつの森は、釣った魚や採った虫を博物館に寄贈することができたり、手に入れたアイテムが△△/○○みたいにリストで表示されるもんで、こういうのは暇なときには最適。毎日のように釣りやら虫取りやらしました。こういう作業はRPGのレベル上げみたいなもんなんで、結構続くんです。今まだやってるドラクエ9は、いわゆるまさゆきの地図みたいなレベル上げに最適な地図持ってないんで、いっつもウォルロの高台で、はぐれメタルいねーなクソッと呪詛を吐きながら、たまに頑張ってます。ま、それはそれとして、けど、毎日村に生えてる何十本もの木を揺らして、1日3つだけ降ってくる家具を回収するのとかは面倒くさくてサボりがちでしたね。

どうぶつの森は、その夏休みが終わった以降は、ほっとんど起動してません。たまに起動すると、家の中にはたくさんのゴキブリが這いずり回り、村には雑草が生い茂り、しかも落とし穴だらけになっていて、その辺を除去する作業をするだけで満足しちゃいますね。
そんなんだったら売ってしまえばいいじゃないか、って自分でも思うんですけど、僕、生まれてこの方、ゲームとか本とかをお店に売ったことないんです。人にあげたり売りつけたりしたことはあるんですけど。なんか愛着が沸いているというか、結局一度買ったものを手放したくないって思いが強いんですよね。掃除をしていても、思い出の品物とか全然捨てられないですし。
実家に、高校三年間で授業やらで貰ったプリント類がすべてダンボール詰めされているんですが、いいかげん取っておくものといらないものにわけて捨てちゃって欲しいと親から言われました。そのプリントの山を前にしてそういう仕分け作業をしていると半分も減らないと思うので、見る前に「全部捨てちゃっていいよ」と言っておきました。一度実物を見ちゃうとたぶん全然捨てられない。持たざる生活なんて僕には難しいです。


さて、そろそろナスも成熟したかな。……うん。収穫量は30個、120円になりました。
サンシャイン牧場はいつまで続くだろうなぁ。このブログも更新数は月2回のときがあったり非常に少ないけどなんだかんだで続いているんですよね。これはついったーのおかげかなぁと思ったり。