読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真を見ると自分の前髪が薄すぎてハゲ進行しすぎで泣きたい金曜日

 今日で社会人二年目の一年が幕を閉じました。大学卒業してから二年間、大学生の頃の生活リズムとはまったく違った生活を続けてきて、思うことは特にないですが、自分を褒め称えるためについったーにもいろいろ書きましたが、せっかくなんでブログでも自作自演自画自賛をしたいと思います。せんぱいがメタル好きだっていうことが送別会の席で判明したので、僕は対抗してナンバーガールを聞きながら今キーボードを打っています。DENONの1万円弱のヘッドフォン大活躍。洋楽は苦手です。苦手ってわけではないか。自分はやっぱり歌詞含めた全体の雰囲気で音楽を選びがちな節があるので、歌っている言葉を聞いて、どんなことを歌っているのかわからないものにはそんなに興味がわかないのかなぁと。わかりやすい曲、ビートルズとかカーペンターズの有名な曲とかビーチボーイズの素敵じゃないかとか、そういうのは好きですけど。

 昨年の俺が社会人一年目を終えてどんなことを思っていたのかどっかに書いてないかなぁと探してみたけどどこにもなかったので、昨年と被るとかそんなこと考えなくてもよさそうなので適当に書いていきます。

 まず、毎日決まった時間に起きて、決まった時間に出勤して、決まった時間に帰ってくる生活を続けた俺が偉い。誰がなんと言おうと偉い。世間の普通の社会人がだいたいはそういうことをできているという事実を直視したとしても俺は偉い。すごい。まるで天才じゃないかと思う。あと今年度からお弁当男子になった。毎日お弁当をせっせと作って持って行ってお昼には食べてた。毎日。職場でお昼が出るよーってとき以外は毎日作った。冷凍食品頼みだったり、肉をレンジでチンしただけだったり、手抜きばかりしていたけれど、それでも頑張ったと思う。飲み会があって日付変わって帰ってきたとしても作った。なにが俺を駆り立てていたのかはわからないけど、一日でもサボったらもう無理だろうと思ってました。実際そんなことはないんだろうけど。せんぱいもお弁当女子ですが、職場にパン屋さんが出張してくる曜日とか、飲み会のあとなんかはお弁当じゃなかった。せんぱいのお弁当を食べたい。作りすぎちゃったーてへぺろ。お弁当作りも、気が乗ってるときはなかなか楽しいものだと思います。来年度はもうちょっと頑張って、高杉さんちみたいなお弁当を作りたいと思います。さらに上を目指す俺格好いい!

 今のお仕事分担は、一番忙しい月を一人でこなせる量に設定されているので、基本的に毎日やることがあんまりないのです。そんななか暇をなんとかかんとか潰してここまで生きてきた俺がすごい。Wikipediaを読むのはもう飽きて来ました。最近はインタビュー記事とかエッセーとか読むのが楽しいです。もちろんそれ以外にも、空いた時間を利用して、誰が見てもできるように窓口対応マニュアルを作ったり、法律の勉強をしたり、どんな制度があって誰が利用できるのかとかそういうことを頭に入れたりしているわけです。合間合間にはせんぱいを眺めて癒されています。せんぱいの文字を書くときの手の形って独特で、小指をちょっと突き出して、そこで紙を押さえて支店にした感じで字を書いています。真似してみたら小指攣りそうになった。基本的にうちの仕事は嫌われるもの(あっちに行ったりこっちに行ったりしないといけなかったり、紛らわしい書類があってわかりにくかったりで、好かれはしないもの)なので、どれだけ丁寧に対応できるかが勝負だと思っているわけで。丁寧に対応するには、丁寧にできるだけのバックグラウンドとなる知識がどうしても必要だと思います。お客様の中には、数%くらいではありますが、どう対応したとしても敵意を飛ばしてくる人がいるわけですが、その敵意にはなかなか慣れないものがあります。敵意を飛ばす人でなくても、どうしてもできないことを要求されて、どうしてもできないことをお伝えしても、まったくお前らはそれだからという反応をされる方もおります。ただ、法律の問題は我々一職員が要望をあげたとしても変えられるものではありません。できるだけお客様にとってご負担にならないようにと考えてはおりますが、お金のことや人手のこともありまして、どうしてもできないサービスもあります。どこまでのサービスを求められるか、どこまでのサービスを提供するのかは、なかなか難しい問題ではあります。その辺りの折り合いをどうつけていくのかは、これからの経験の中で少しづつ積み重ねていくしかないのかなと感じております。ただ、内部にいてもここはもっとどうにかならんのかと思うことは多々あります。現在、一つ懸案事項を抱えていまして、上の判断が必要だということで、顛末書を書いて、こちらでもできうる限りの情報を集めて提供し、見解をお示しくださいということで投げかけているのですが、もう3週間ほど立ちますが一向に話が進んで行きません。解釈が認めうる部分の解釈については慎重にならざるを得ないことはわかりますが、相手がいる問題であります。こんなところで愚痴ってもしゃーないですが。

 広義のクレーマー対応も慣れないもんです。ただ、今の職場はすぐに全体の問題にすることができたので、個人の負担は減りますが、クレーマーさんと一対一で対応するのは今でも骨が折れます。今回の異動で上司がごっそり変わってしまったので、今後が不安です。でもそんな不安の中でも頑張ってる俺って偉くね?(むりやり)

 せんぱいの同僚があまりにも仕事ができないおっさんで、せんぱいは非常に苦労なされているらしいです、愚痴でも聞いてあげたいと思いますが、せんぱいからしてみてば僕もその同僚と同じ枠の中にいるような気がしますし、男性でさえ誘えないのに況や女性をやでございます。今日もせんぱいが怒気を込めてしかし冷静にちゃんとしてくださいって指導しているシーンを目撃しました。せんぱいを困らせるやつは地獄に落ちるがいい。せんぱい異動できなくて本当に残念そうです。あともう1年もあの同僚さんと一緒に仕事をしなくてはならないせんぱいのことを思うと心が苦しいです。かといって私にはなんらかの形で手を差し出す勇気があるわけではなく、周りになんとかしてくださいよーと言うくらいのことしかできません。大好きなメタルを聞いて、頭を振り回してストレス解消していてください。私からのお願いです。

 この二年間は、同僚に恵まれていたなぁと思います。そしてもう一年も同僚は変わらず、楽しい一年を過ごすことができそうです。そんな環境で二年間も社会人として過ごすことができた幸せに感謝しましょう。

 なんだかとてもまとまりのないお話になりましたが、いつもこんな感じなのでよいでしょう。結論としては「せんぱいかわいい」ということでよいと思います。

 この一年間でいろいろ僕も変わりました。来年一年間で僕がどういう風に変わっていくのか、楽しみです。